クマをむしろ活かしちゃえ!目元メイクの楽しみ方

あなたは目元の暗いクマがメイクで隠しきれず悩んでいませんか?
だからといって、コンシーラーで消しても、なんだか気持ちも見た目も不自然な感じがする。

どうしたらいいか。

まず初めてメイクをしたときの楽しさを思い出しましょう。

あなたの直感や心を信じて楽しむことです。

そう、何より好き、楽しいのが1番。

今のアイメイクが、満足できない気に入らないと言う方へ、私なりに考えられる理由をここであげますね。

?推測?ファンデーション自体が、明る過ぎる。

あなたはあなたのキレイな白い肌と、くまの黒さのギャップに悩んでいませんか?
自分の肌が1部でも黒くなっているということを受け入れずに、無理矢理、理想の色に近づこうとしていませんか?
だからそんな時は、肩の力を抜いてちょっとだけ色を落としてみる。

あくまで自分が嫌じゃない暗さで、ワントーンだけまず下げてみることです。

そうすると、普段、黒く浮いてた部分が割と馴染んできます。

意外に自分の肌がほかにも暗くなってきていることに気づき、健康状態がチェックできたりします。

一時的な自分の自然な変化を楽しみましょう。

?推測?アイシャドーは黒、マスカラはつけなきゃいけない、にこだわっていませんか?
目元のアイライナーは黒とは限らない。
さらにマスカラは必ずつけなきゃいけないものでしょうか?
黒ライナーに黒マスカラの組み合わせはクマにさらに暗い印象が出て私はあまり使いたくありません。

もちろん使ってはいけないということもありません。

?結論: 顔にのせるすべての色に鉄則、ルールはない。
だから様々な道具テクスチャ色合い香りによって、五感をフルに使って、あなたなりの調合をしてください。

実は私は100円均一のたくさん色が入っている暖色系10種類のリップパレットをまぶたに載せてるんです。
たくさんの色が入っていることで、その日の肌色によって、自由に調節できます。

これが、色合いもテクスチャも、アイシャドーより持ちもいいです。

何よりメイク落としで落とせます。

目からあなたの心理がおおよそわかります。
あなたの目は生き生きしていますか?
もし今そうでないのなら、あなたを理想の自分に近づこうとする前に今の自分の色を少し受け入れてみてはどうでしょう?
人の人生を生きるより、あなたの人生を喜びに満たす色使いを見つけてください。