目の下の茶クマの改善法

一生懸命ケアをしているのに中々目の下のクマが消えない、そんな悩みがある方はいないでしょうか。

この目もとのクマには、実は青クマ・茶クマ・黒クマと言う三種類のクマがあり、その中でも茶クマはメラニン色素の沈着によって起きるクマなのです。

見分け方としては、目尻を引っ張った際にクマの色は変わらないが、ファンデーションで隠せる場合にはそのクマは茶クマとなります。

茶クマは紫外線によってできたシミや、落としきれていない化粧品や肌に合わない化粧用品によるシミがクマの様に見えたり、また、化粧品の刺激やメイク落としの際のこすりすぎなどによって目の下の角質が厚くなり、くすみとして出てしまったりと言った事が原因でできます。

そのため、出来てしまった茶クマを改善するには肌のターンオーバーによってメラニン色素を排出する必要があります。

これには美白効果のある化粧水を使用したり、メラニンを排出するピーリングを行ったり、美容クリニックでメラニンを除去すると言う方法があります。
ただ、目元の肌は大変繊細なので、特にピーリングや美容クリニックを利用する場合はよくよく自分の肌にあったものを検討する必要があります。

また、この茶クマをあらかじめ防ぐにはメイクをしっかり落とす事、ただしその際に力強くこすらず優しく落とすように心がける事、これが重要となります。

このように、茶クマを改善するには肌のターンオーバーを正常化しメラニンを除去する事が必要となります。